検索
  • c-office

<注目ニュース>個人版事業承継税制は県の認定制に!


2018年11月3日付の日本経済新聞によると、個人版事業承継税制における税猶予は、法人版と同じく都道府県に承継計画を提出し「認定」を受ける形とする案を経産省が取りまとめたとのことです。

経済産業省は税制改正で検討している個人事業主の事業承継への税優遇について、適用の条件に都道府県による認定を盛り込む案を固めた。事業主がまとめる「承継計画」を都道府県が認める場合のみ、贈与税などを猶予する。個人の資産を事業用と偽るような悪質な節税が横行しないようにする。 2019年度の税制改正で経産省は、個人事業主が子供などに事業を引き継ぐときに贈与税などの支払いを猶予する「個人版事業承継税制」の創設を求めている。土地や建物・機械設備などをすべて対象にして、事業主が生きている間であれば贈与税を、亡くなった場合は相続税を猶予する仕組みだ。10年間の時限措置にする。 ただ、税優遇の対象が広いため、自家用の高級車を「事業用」として税負担を逃れるといった節税に使われる恐れがある。 経産省は不適切な節税を防ぐため、税優遇を希望する事業主に事業引き継ぎの「承継計画」を求める。これを都道府県がチェックする体制として、制度が適正に運用されるようにする。 個人事業主については現在も店舗などに使う小規模な土地は相続税を8割減税する特例がある。経産省は新たな事業承継税制は、既存の特例との選択制にすることを提案する。 自民党税制調査会で協議したうえで、12月にまとめる19年度の与党税制改正大綱に盛り込むかどうかを判断する。税逃れを厳しく監視する立場にある財務省とも調整を進める。


35回の閲覧

最新記事

すべて表示

【公的支援活用サポート室】わかやま中小企業元気ファンドの募集が始まりました。

こちらは年1回のみの募集です。 商品開発、販路開拓に取り組まれる事業者様は積極的に挑戦してみてください。とてもいい補助金制度だと思います。 弊所でもサポートします。 令和2年度「わかやま中小企業元気ファンド」募集のお知らせ(~令和2年1月31日(金)17時必着) 公益財団法人わかやま産業振興財団では、県内の中小企業者等が行う、地域の強みである地域資源を活用した新商品や新サービスの開発、販路開拓など

10/25(金)紀州有田商工会議所主催のセミナーに登壇します。

セミナーのお知らせを致します。 テーマ:「事業承継セミナー~事業承継なんてまだまだ先のことと思っていませんか?5年後、10年後のあなたの会社・事業所はどうなっていますか?~」 日時:2019年10月25日(金)13:30~15:30 会場:紀州有田商工会議所6階会議室(有田市箕島33番地の1) 主催:紀州有田商工会議所 ご希望の方は添付申込書にてお早めにお申し込み下さい。 令和元年より新たなスター

10/9(水)海南商工会議所主催セミナーに登壇します。

セミナーのお知らせを致します。 テーマ:「がんばれ若手経営者・後継者!若手経営者・後継者のための経営力向上講座~ベン チャー型事業承継に向けて~」 日時:2019年10月9日(水)19:00~21:00 会場:海南商工会議所会議室(海南市日方1294-18) 主催:海南商工会議所 他 後援:和歌山県事業承継ネットワーク 他 ご希望の方は添付申込書にてお早めにお申し込み下さい。 令和元年より新たなス

CONSULTING  OFFICE

​GROW UP

コンサルティングオフィスグローアップ

​経営革新等認定支援機関

​細田 宏 中小企業診断士 事務所

〒642-0002

​ 和歌山県海南市日方961-5